2017年3月6日月曜日

erika_初! 欧羅巴旅行!!

Hola! (。・ω・)ノ゙

ご無沙汰しております、髙橋です。

寒暖差が激しい日々が続いておりますが、皆様はいかがお過ごしですか?
みなさまも体調に気をつけて春を迎えましょう~🌺


さて、最近の出来事をお話させていただきます♪

◇年越し(もう、3月ですが、、、(ˆ ˆ;))

2017年を毎年幕張メッセで行われている
COUNTDOWN JAPANにて迎えました!!


 



去年から音楽フェスにすっかり魅了されてしまいまして、、、
このイベントは今回で2回目の参戦です (=゚ω゚)ノ
今年は31日のみの参加でした。


大勢で一緒に曲を楽しむことはすごいエネルギーをもらえる気がします!

以前、スタジアムコンサートに行った事があるのですが、席から動けないのがもどかしく...こういったイベントの方が合っているような気がします。笑










純米酒 稲里を升で乾杯!


友人たちと到着して早々升酒を購入 ☆・゚:*(´ω`*人)

実はこれ、毎年人気らしく・・・
連日開場とともに並ばないとすぐ売れ切れてしまうみたいです。

1杯目の升(700円)を買えればあとはおかわり(400円)を飲みまくれるというもの! しかも大樽から自分で柄杓を使って注ぐのです!!

なんて・・贅沢。

升のいい香りでお酒が香~ばしくなって進む進む・・・
こぼれる音楽を聴きながら、積もる話をしつつ呑み明かしてました。イベントなのに...笑







◇ヨーロッパ旅行

先日、休暇をいただきまして、初めてヨーロッパ大陸に行ってきました。
行った場所はスペインとドイツなのですが、その中でも記憶に残っている場所をご紹介します♪(*`ω´*)



クレーンが何個も乗っかっています!
 ⏩ サグラダ・ファミリア

スペインで最初に行った観光地でした。

建築家ガウディが設計を担当した未完の教会です。
何がどうしてこうなって建てられているのか。。。という印象でした。

まず圧巻なのは、このなんともいえない存在感と大きさ。
中に入るまでは正直期待していなかったんですが・・・(ひどい)

外も中も観光客であふれており、地下は参拝客であふれていました。そこは展示場になっていて、見所はたくさんあり、見た目は教会ということを忘れてしまう風貌でした。




全方面に色の違うガラスが張り巡らされています






中に入るや否や、
ステンドグラスの美しさに一気に惹きこまれました・・
・。










音声ガイドを聞きながら建物内を回ることがことができるのですが、ステンドグラスが太陽の向きを計算して作られていること、色味が朝から夕方にかけて変わるように設計されていることなどなど。。。

いろいろと考えて建てられていることを知ることができました。






風がすごい日で余計にスリル満載でした♪



エレベーターに乗って上の方にまで行くことができます。

街を見渡したり、建物内や外装の上の方をよく見ることができました。

何も情報を得ずに行っただけにとても印象的なところでした。

ステンドグラスや外装がまだまだ工事中のところもあり、完成する2026年にまた行くのがひとつの目標になりました。





⏩ ローテンブルグ


建物一つ一つが可愛いデザイン

ドイツの17世紀の街並みが残されている観光都市です。

石畳が広がり城壁に囲まれたこの街は、アンティークチックでかわいらしい建物が沢山並んでいて、オフシーズンの為か、閑散としていてゆっくり観光することができました!

度重なる戦争を乗り越えて残っているこの街からは、歴史の厚みを感じました。







→市長さんがワインを飲んでいます!

マルクト広場には時計台がありました。

その時計台の言い伝えによると、昔、この街を
襲撃した悪人が、"3.25リットルのワインを飲み干せる者が居れば、この街に危害を加えない"と言ったところ、それを見事やってのけて街の平和を守ったとされる伝説の市長がいて、その人を称えるように作られたカラクリ時計になっているのでした!

残っている一部の城壁を歩くこともでき、
短時間で歩き回れるこのかわいらしい街は、観光にお勧めの場所になりました。



 他にも見所は沢山あるのですが、、長~くなってしまうので直接聞きに来ていただけるとうれしいです!笑

どちらの国の人もみな優しくて気分良く安心して過ごせましたし、また日本語のメニューや看板があることにもびっくりした旅でした。旅行中痛感したので、今年はもう少し英語を理解できるようにしたいと思いました。。。

それではまた (´-`).。oO


_erika

0 件のコメント:

コメントを投稿